レッグスルー コツ バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 上達法

レッグスルーのコツ

足の間を通して逆の手に送るチェンジ方法であるレッグスルーが上手く出来ますか?
相手ディフェンスとの距離が近い時に安易にボールを持ちかえるようにすると奪われる危険性が高くなりますね。

 

 

その為、安全にボールを持ちかえるには、相手の手の届かないところでチエンジする必要があります。そうした場合に効果的なのがレッグスルーです。
股の下でバウンドさせるレッグスルーなら、相手に取られるというリスクなく逆の手にボールを送ることが出来ます。

 

 

そんなレッグスルーの基本的な動きはフロントチェンジと変わりませんが、足が前に出ているのでそれだけ相手にボールをカットされるリスクも減ります。
更にチェンジした後の足が前に大きく踏み出せるので、ディフェンダーをドリブルで抜く時に良く使うことから、小学生のミニパスの選手も身につけておくべきでしょう。

 

 

レッグスルーのコツとしては、股の下でバウンドさせるようになるので視野の外でのボールコントロールになり、正確なバウンドさせる技術が必要にります。
その為、バウンドさせる方向の足を一歩ほど前に踏み込んでスペースを作って、体の真下でボールを突くようにすることです。

 

 

そして、あらかじめ逆の手を少し後ろに置いておき、ボールを受けとめます。この時には顔を前に向けたまま動作をし、視野をキープすることが大切です。
また、ボールを体の後ろでバウドさせて背面でボールをを持ちかえる、バックビハインドドリブルも安全性の高いテクニックです。

 

 

難易度は高くなりますが、その分、一気にチャンスを作ることが出来るので、身につけておけば大きな武器になるでしょう。

 

「バックビハインドドリブルのコツ」へ

 

page top