2人 抜けない バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

2人の間をドリブルで割って抜けない

バスケットボールで、2人の間を割ってドリブルで抜けますか?
1人にコースを止められ、もう1人が近づいてくるようなケースも試合ではよくあるものですね。

 

 

特にスピードに乗れない時などは、姿勢を低くして2人の間を割って抜くドリブルが使えないことがあります。
そのような場合、あなたならどうしますか?
「うわっ、2人がかかりできた、どうしよう!」と焦ってしまうとミスになりやすいです。

 

 

かと言って、直ぐにドリブルをやめてしまうのも良い方法ではありません。
何故なら、相手はドリブル出来ないようにすることが狙いだからです。

 

 

もし、ドリブルを止めるなら条件があります。
それは、その後には必ずシュートかパスなど、次の動作に移れることです。
その準備が出来ていないと、2人の相手にプレッシャーを掛けられてボールを奪われてしまいます。

 

 

特にサイドラインなどの方に追いやろうとするディフェンダーには、気をつける必要があります。
このようなDFが2人いても、どちらかのサイドに寄れば1対1になるので慌てないようにしましょう。

 

 

そして、相手のディフェンス力がある程度分かっているようなら、あまり上手くない選手の横からドリブルで抜けばいいわけです。
その為には、間合いを詰めてくる相手の動きを良く見て、左右にボールを動かす一瞬のタイミングで抜くようにする必要があります。

 

 

それには、まずステップバックして相手との間合いを作り、とっさの判断で両足の間にボールを突き、ドリブルの方向を変えて、一気に抜きましょう。
このように進む方向に足を前に出すかっこうとは逆の、レッグスルーをするのです。

 

 

考え方としては、間合いがあるならフロントチェンジ、狭い時にはレッグスルーというように正しく判断して使えるようになって下さい。
なお、試合では色々なことが起こります。

 

 

例えば、レッグスルーを行った直後にドリブルのコースに入って手を出してくる相手もいるので、そうした場合は再度行って元の状態に戻ったり、続けてフロントチェンジを行うのも良いでしょう。

 

 

このようにドリブルのテクニックを組み合わせることで、相手は対応しづらくなるので、色々なドリブルが出来るように今のうちにしっかりマスターしておきましょう。

 

バスケットボールドリブル上達革命の詳細を見てみる

 

page top