ステップバック バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ステップバックで間合いをとろう

ステップバックを上手く使っていますか?
ドリブルは、相手を抜きゴールに向かって前へ進むことを目的としている場合が多いですが、忘れてはならないのは、ボールをキープするという点です。

 

 

特に、バックコートからフロントコートへボール運びをする時は、相手はコースに入ってディフェシスをして、間合いをつめてくることがあります。
そのような相手を抜くのが難しいような時には、一度ドリブルで後ろに下がってフロア全体を把握することが欠かせません。

 

 

つまり、相手との間合いを広くして周りを良く見える状況を作るわけです。
また、ステップバックドリブルで下がる動きに対して、相手が更に間合いをつめてきたら、その動きを利用して一気に抜き去りましょう。

 

 

この時には、真っ直ぐにドリブルでボールを突き出すだけではなく、体の前でボールを左右に動かして方向を変えるクロスオーバー(フロントチェンジ)も効果的です。

 

 

ただ、このような状況でクロスオーバーを行う時に相手との間合いが狭い時には、ボールを動かす方向の足をさっと引くのがコツです。
そうすることで、相手からボールを遠ざけながら行うことが出来ます。

 

 

そして、相手が手を伸ばしてきたら一気に抜くチャンスです。
このように間合いを作ることによってドリブルの方向を変えて、相手を抜き去ることが出来るようになります。
なお、ステップバックする時に両足を閉じて行うと、進みたい方向に踏み出す足がそれだけ遅くなるので注意してくださいね。

 

 

元JBLプレーヤー堀英樹監修のバスケットボールドリブル上達革命DVDでは、1カウントで方向チェンジが苦手な選手にやらせている練習方法が紹介してあります。

コースに入ってきたときに、いかに巧みな方向チェンジをして目の前の相手を抜くことができるかで、チャンスの回数が決まってきます。

 

topへ

 

page top