チェンジオブペース やり方 バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

チェンジオブペースドリブルのやり方

チェンジオブペースドリブルが上手く出来ますか?
バスケットボールでマークマンを抜き去るドリブルテクニックには色々ありますが、基本的なのがスピードに変化を使って、ディフェンスを抜き去るチェンジオブペースです。

 

 

やり方は、まずトップスピードでディフェンダーの近くまでドリブルし、目の前にきたら一気に速度を落とし、その場で止まったままゆっくりドリブル。
そして、相手が油断して足が止まったところ見計らって、一気にトップスピードまで加速しで抜き去ります。

 

 

このようにスピードの変化をつければディフェンダーはついてこれらません。
ただ、これは比較的に相手が自分から離れている場合に有効なテクニックです。

 

 

このチェンジオブペースのポイントは、如何に上手くスピードにメリハリをつけられるかです。
特に速度を落とす時に、ドリブルのリズムも同時に変えると効果的です。

 

 

そして、抜き去る時には重心を低くして、腰の高さよりも上にバウンドさせないようにして、膝との間でキレのあるドリブルを心掛けましょう。
また、直進する時は、突き手を体の少し外側に向けるようにすると脇も締まってコントロールしやすくなりますよ。

 

 

このようにすれば、急激な方向転換の際にも対応しやすくなります。
これなら、例え走るのが遅い選手でも、スピードにメリハリを上手くつけることでドリブルで抜くことが出来るようになれ、試合で大きな武器になります。

 

 

いずれにしても、指導者や親御さんは、子供が小学生の頃にイメージを与えるべきです。
人間の発育は9〜12歳くらいの時期に神経系統が一番発達するので、難しい技術やプレーも細かく分解して教えてあげれば子供はすぐに覚えてくれます。

 

 

但し、正しいやり方で繰り返して練習することが欠かせません。

 

topへ

 

page top