基本 バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ドリブルに必要な指先の感覚

バスケットボールのドリブルで大切なのは、自分の思い通りにボールを弾ませてコントロール出来ることですね。
しかも、ボールを見なくてもそれが出来るようになること。

 

 

そして、ドリブルを身につける上で一番大切になってくるのが、指先の感覚で、手のひらをボールにつけずに、指先で弾ませるように行います。

 

 

はじめは様々なところに行ってしまうかもしれませんが、それは指先の感覚が養われていないからでしょう。
ですが、それさえ身につけれることが出来れば、自由にボールを扱うことが出来るようになります。

 

 

ドリブルを覚えるには、ボールを見ずに指先で強く弾ませ、前に進む時はボールを前に弾かないといけないので、手のひらをボールの少し後ろに置くというように、自分の行きたい方向に手のひらを向けていくようにします。

 

 

また、ドリブルも、シュートやパスと同じように、左右の手で同じように出来るようにすることが大切です。
同じ技を使うにしても、左右どちらでも出来ればプレーの幅は2倍になりますよね。
練習方法としては、左右の手にそれぞれボールを持ち、2個のボールを突いて利き手でない方の手の感覚を養うようにすると良いでしょう。

 

 

上手く出来るようになった、左右でボールをつくタイミングを変えたり、右手は大きく、左手は小さくボールを突くなど左右で高低差をつけてドリブルの練習をし、体のバランスが崩れないで出来るようになったら少し動いてみましょう。

 

 

いずれにしても、ハンドリングなどで指先の感覚を鍛えて、ボールを身体の一部のように扱えるようになることが、ドリブルを上達させるには一番の近道なので、練習以外でも、とにかくボールに触る時間を長くするようにしましょう。

 

バスケットボールドリブル上達革命の詳細を見てみる

 

page top