ダックインザドリブル やり方 バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ダックインザドリブルのやり方

ダックインザドリブルが出来ますか?
バスケットボールの試合で、密集地でのドリブルは、それだけディフェンスに取られやすいので、出来れば避けたいところです。

 

 

ですが、逆にダブルチームを仕掛けられた時やリバウンド後などは、そこを突破してさえしまえば、大きな得点をとれるチャンスになる場合もあります。

 

 

そこで、低く速く小さくドリブルをつくことで、その瞬間をすり抜けて出るドリブルも覚えておくと役に立つ筈です。
ちなみに、名前の由来は、極めて低い姿勢で、DFの間をすり抜けて起き上がってくる様子が、アヒルが池の中ら顔を出す様子に似ていることからきているようです。

 

 

そんなダックインザドリブルのやり方としては、まずは密集に対して、自分がすり抜けられるだけのスペースがあるか確認する必要があります。
もしくは、フェイクなどで作る必要があります。

 

 

例えば、レッグスルーでボールを左右に動かして隙間を空けたり、あるいはドリブルをしたまま上に伸びをするようにして、相手の重心を高くさせるように仕向けるなどしてチャンスを作るようにします。

 

 

そして、スペースを見つけたら、そこへ肩を入れるようにし、ドリブルを体の前方でつきながら、逆側の腕でのカバーをしながら割って入って行きます。
重心をしっかり落としてドリブルは小さく、速く(強く)して、素早く密集を抜けるようにしましょう。

 

 

この時には、相手にボールを弾かれる機会を多く与えない為にも、ドリブルの回数をできるだけ少なくして一気に抜けるようにするのが理想です。

 

 

この技術は、スピードで抜くことが基本で、ディエンスの間を割る感覚、フェイクの利用、速さの強弱を入れるタイミング、体の使い方など身につけることが必要です。
それには1日5分でもいいので取り組んでみてください。きっとプレッシャー負けない技術力と精神力、感覚が身につく筈です。

 

topへ

 

page top