突き出し バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ドリブルの突き出し

ドリブルのボールの突き出しが上手く出来ていますか?
バスケットボールのドリブルは、ボールをバウンドさせながら移動する動作がスピーディに、尚且つ適切な距離にボールを突き出すことによってスピードのあるドリブルが出来ますね。

 

 

このボールを突きだす動作はドリブルには必要不可欠にも関わらず、意外と注目されていませんが、ディフェンスを抜いたり、その後の展開を優位に進めることが出来る重要な基本動作なんです。

 

 

そして、ドリブルの突き出しで重要になってくるのが、出来るだけボールの突き出し角度を低く前に突きだす意識を持つて行うことです。
反対にボールの突き出し角度が高くなってしまうと、ボールが前に飛ばずスピードも出ないので、相手ディフェンスに追いつかれてしまいます。

 

 

更に、ボールの突き出す位置がスピードドリブルをする上で大切になってきます。
当然、自分の足元の近くに突き出して相手を抜くよりも、対峙するディフェンスの後ろへボールを突き出してボールを追いかける方がスピードが圧倒的に速くなりますよね。

 

 

何より、バスケットボールでは相手のディフェンスの隙間を抜き、ゴール方向へ侵入するカットインの技術が大切になり、その最初の1歩目となるドリブルの突き出しが成否を分けるのです。

 

 

したがって、パス、ドリブル、シュートの動作に無駄なく移行できる体勢であるドリブルスレットの姿勢でディフェンスと相対したら、1歩目の突き出しでディフェンスを抜いてしまう感覚で、思い切ってボールを前に送り出すことがコツです。

 

 

なお、前を意識しすぎて上体を倒して前のめりなってしまってはいけません。常に周りに注意を向けて、上体を起こしてドリブルを行うことが大切です。
いずれにしても、バスケットボールのドリブルが上達するには、繰り返しの効果的な練習が欠かせないでしょう。

 

>topへ

 

page top