取られる バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ドリブルを取られるのを防ぐには?

ドリブルを取られないでボールを保持することが出来ていますか?
そのそもバスケットボールのドリブルで前進するときは、前傾姿勢で行うのはもちろんですが、上体を必ず起こして行うことがコツです。

 

 

そうすることで、視野を広くでき、常に周りに注意を払うことが出来るようになり、状況によって急なストップや方向転換に対応できるように、常にボディバランスを安定させることが出来るのです。

 

 

スピードを殺さない為にも、ドリブルの突き出しはボールを出来るだけ前に送り出し、スピードに乗り、尚且つボールと体を自在にコントロール出来るようになることが、ドリブルを取られることを防いで前進するポイントです。

 

 

また、直進するときは、ボールの突き手を少し体の外側に向けるようにすると、脇がしまってコントロールしやすくなります。
更に、ドリブルで前進する時のボールの前の突き出しは、突き手側の足の少し外側を狙って落としてバウンドさせるとコントロールしやすくなるでしょう。

 

 

逆に両足の間近くにボールをバウンドさせると、体のバランスが悪くなり、相手の動きに対応しづらくなります。これはドリブルでの急激な変化に対応して、相手にドリブルを取られるのを防ぐ上で必要な、体のバランスを保つ意味でも重要です。

 

 

どんなに低い体勢のドリブルでも、上体を起こさないようにすることを心掛けるようにしましょう。
いずれにしても、ボールを保持できず相手にドリブルを取られてしまうのは、ボールのコントロールをするために前提となるスキルが欠けているのです。

 

バスケットボールドリブル上達革命の詳細を見てみる

 

page top