ハンドリング 練習法 バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ハンドリングの練習法

バスケットボールの技術の上達を早めるにはボールの扱いに慣れることです。
シュートやパスといった大きな動きだけでなく、指先でボールをバウンドさせたり、身体の様々な部分を絡めてボールをコントロールできるようになることで、ボールを自分の意のままに操られるようになれるのです。

 

そんなバスケのドリブル、シュート、パスの上達の基本となるボールハンドリングの練習法についてお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

ハンドリングの練習法記事一覧

バスケでボールをつくのは手ですが、細かく見ると指を使ってバウンドをさせています。その為、ドリブルなどでのボールをコントロールには指先の感覚が重要になってくるのです。また、この感覚はシュートタッチにも必要になってくるなど、ボールの扱いに慣れるにはボールの感触を手に覚え込ませるのが一番です。そこで、まずはそれぞれの指を使ってボールをバウンドさせてみましょう。全ての指を使ってボールをつくハンドリング練習...

ボールハンドリングでは指先の感覚を養うことも欠かせませんが、次第に大きな動きを取り入れていきことで、実際の試合で役立つ動きに近づけていくことが出来ます。その最初の一歩が出来るだけ体の近くで両手の指を使い小刻みにボールを動かすハンドリングの練習です。指先に神経を集中させて、足元や胸、顔の前にボールを移動させ、そこで両手を使って小刻みにボールをバウンドさせます。そして、まずはボールを両手にやりとりする...

ハンドリングとは、ボールを手になじませて自分の考えたとおりにボールを動かすことですね。バスケットボールでは、ドリブルをはじめシュートやパスなど、ボールを扱うテクニックが上手くなるに為には欠かせません。例えば、ドリブルをはじめとするボールを扱う力の加減とコントロール能力を高めるなら、前から両手でついて後ろでキャッチするハンドリングが効果的です。やり方は、身体の正面でボールを持って、開いた両足の中央に...

page top