バックビハインドドリブル コツ バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 上達法

バックビハインド・ドリブルのコツ

バックビハインドドリブルは見ていてもとてもカッコいいですね。
ドリブルの状態から、背後にボールを回して反対側の手でボールをチェンジして進行方向を変えるプレーです。

 

 

バスケットボールにおいて華麗なプレーの一つなので、このバックビハインドドリブルが出来るようになりたいという人も多いのではないでしょうか。
そして前方のディフェンダーに対して、自分の体がガードの役割をすることから、相手にカットされにくいと言うメリットがありますが、腕を背後に回す時のボールコントロールが難しいということがあります。

 

 

腕を後ろに回す際には、ボールを放り投げるのではなく、肩の関節を大きく使って手を捲きつける感じで、しっかりと体の逆サイドへ遠心力を使って持っていくようにしてリリースすることが、スムーズなチェンジが出来るコツです。

 

 

また、この時に上体を倒してしまう後ろからボールを前に送ることが出来なくなるので、上体を起こして逆側のお尻を叩くような感じでボールを後ろに持っていくようにすれば、逆サイドの前に上手くボールがコントロール出来ます。

 

 

更に、スピードを落とさずに身体の後ろ側でボールをチェンジするには、ボールをバウンドさせる位置が大切です。
必ず、進行方向の足の外側の前方を狙ってバウンドさせましょう。
後方にバウンドさせてしまうと、前への一歩目が踏み出せなくなってしまいます。

 

 

初心者は始めはまず動き方を覚えて、毎日の反復練習で慣らしてから実践で使うようにしましょう。
いずれにしても、バックビハインドは自分の体がガードになるので、ディフェンスのスティールを防ぐことに繋がるので、全員がマスターしておきたいドリブルテクニックでしょう。

 

topへ

 

page top