組み合わせ バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ 上達法

ドリブルの組み合わせ

ドリブルで絶対に抜ける自分のパターンを持っていますか?
バスケットボールでは、走るスピードを一瞬で速くしたり遅くしたりするチェンジオブペース。

 

 

更に、急に逆側に走ったり鋭く曲がったりと動く向きや走る方向を変えるチェンジディレクションの各ドリブルのテクニックを組み合わせて使いこなせば、ディフェンスのマークが厳しくても思い通りにかわして抜くことが出来ます。

 

 

例えば、レッグスルーとバックロールの組み合わせの場合なら、レッグスルーの踏み込みで相手DFを誘い、それと同時にその足をキックして体を後ろ向きにターンをするようにするのです。

 

 

この時には踏み込んだ足に重心を乗せ過ぎないように注意し、ボールをコントロールして素早く回ることがポイントです。
片手でボールを捲き揉むような状態で、ボールを片手で保った状態でターンしなければいけないので、強い遠心力が必要となります。

 

 

その為、体を素早く回転させ、肘を伸ばして、ボールを巻き込むようにして行いましょう。
また、コンパクトにターンするには起点軸を安定させることが大切です。
この時の円運動の軸となるのはお尻になるので、腰の高さを上下させないように、回転するように意識して行うのがコツです。

 

 

このようにすれば遠心力を外に逃がさないので、ボールキープも安定しますよ。
このようにバスケットはもちろん、全てのスポーツには、円運動そして遠心力の働きを活用することが上達には不可欠です。

 

「チェンジオブペースドリブルのやり方」へ

 

page top