バックロール やり方 練習 バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 コツ

バックローのやり方と練習

バックロールドリブルが上手く出来ますか?
バスケットボールでは、ドリブルで進行方向を変える方法として、身体ごと回ってドリブルするテクニックも効果的です。

 

 

例えば、相手ディフェンダーにドリブルコースを完全に消された時に有効なのがバックロールです。
片方の足を軸にしてターンすることで新たなシュートコースを作ることが出来ます。

 

 

また、ボールと相手との間に自分の身体を入れられるのでボールを取られにくいと言えますね。
一連のやり方の動作の流れとしては、マークマンが一方向から抑えにきたらボールを引き、体を斜め前にして間合いをとります。
この時には、イン・アウトの両方に行ける姿勢です。

 

 

次に軸足をとり、手首でボールを巻き込むようにして後方に半回転します。
ここまで流れを素早く出来るように意識してステップをすることがポイントで、外のコースを消されてもインから切り込めます。

 

 

ただ、完全にマークマンとリングに背を向けるので、相手に動きを読まれてしまうこともあり、必ずしも安全なドリブルパターンと言いきれません。
そこで半回転したところで、回らずにそのまま元の状態に戻って切り込むようにするのも効果的です。

 

 

バックロールを身にうけるには、まずはボールコントロールの練習から始めると良いです。
背中の方向へ巻き込むような手の使い方を身につけるようにしましょう。

 

 

手首を柔らかく使って、ボールの外側を自分の背中に巻き込むようにします。ボールにしっかり回転が掛かっていれば、バウンド後に逃げていきません。

 

 

その次に、ドリブルからターン。この時には、つま先を軸してボールを巻き込みながらスムーズなターンをします。
この時には、ボールを正確に素早くキャッチできるようにするのと、ボールをバウンドの位置にも注意が必要です。

 

 

そして、仕上げとしてDFに立ってもらうか、何か障害物を置いて、フェイントの動作も入れて、より実践的な感覚を掴むようにしていきましょう。

 

topへ

 

page top