クロスオーバードリブル やり方 コツ バスケットボールドリブル上達革命 DVD 堀英樹 上達法

クロスオーバードリブルのやり方とコツ

バスケットボールのドリブルの基本とも言えるクロスオーバーが上手く出来ますか?
別名フロントチエンジとも言われ、相手ディフェンスの目の前ボールをバウンドさせて、ボールを左右に動かして相手のチエックをかわしながら方向転換をするドリブルです。

 

 

相手のマークをかわしたり、一気に抜く時にも、左右にボールを動かすクロスオーバードリブルが良く使われますね。
そして、クロスオーバーのコツは、ボールをコントロールする際に、自分の膝よりも出来るだけ低い位置でチエンジすることです。

 

 

更に、緩慢にやると相手に読まれてしまうので、一連の動作を左右に素早く、且つ大きくボールを突くようにすることです。
また、逆側にボール動かそうとする瞬間に手でボールを掴むようにしてしまうとバイオレーションの反則をとられてしまうので注意して下さい。

 

 

そして、クロスオーバーのやり方としては、ドリブルで前進しながら前方から相手ディフェンスが来た場合なら、まず、抜きたい方向の逆側の足を踏み込んで、フェイントかけます。
この時に、瞬時に切り返せるように足の内側に体重をかけておくことがコツです。

 

 

次に、自分の膝より低い位置でボールを逆側の手に移動させます。指先でボールを引き込むような感じで行うと良いでしょう。
ただ、相手の手の出し方によっては、ドリブルを突く高さやリズムも工夫することも必要でしょう。

 

 

このようなドリブルにリズムに変化をつけて、相手を抜くやり方をチェンジオブペースと言います。
ドリブルの高さやスピードに変化をつけることで相手のリズムを崩しやすくなるのです。

 

 

したがって、クロスオーバーも高さやスピードを変えて、リズムに変化をつけるとより一層ディフェンスの体勢を崩せて、ドリブルで抜くことがしやすくなるのです。
いずれにしても、クロスオーバードリブルは、いかに相手を左右に揺さぶるかで決まります。

 

topへ

 

page top